Phile-web
HOME 実施概要 審査協力店 結果発表 過去のビジュアルグランプリ
VSA-AX1AHPIONEER
VSA-AX1AH
¥140,000(税込)
発売:2007年6月下旬

次世代サラウンドに対応したHDMI1.3a搭載AVアンプ

【SPEC】●実用最大出力:全チャンネル180W(6Ω、JEITA、6Ω、サラウンド時) ●定格出力:110W +110W(20Hz〜20kHz、0.09%、8Ω) ●周波数特性:5Hz〜100kHz (+0dB / -3dB) ●ライン入力S/N比:103dB (IHF-A) ●音声入力端子:同軸デジタル2、光デジタル4 ●映像入力端子:コンポジット5、S端子5、コンポーネント3、D4端子2 ●その他入力端子:HDMI2(音声再生可能)、USB1、iPod専用端子1 ●音声出力端子: 光デジタル1、オーディオ1、オーディオ(AV系)2(DVR/VCR1、DVR/VCR2)、プリアウト1 ●映像出力端子:コンポジット3、S端子3、コンポーネント1(MONITOR)、D4端子1(MONITOR) ●その他出力端子:HDMI1、RS232C1 ●消費電力:345W ●外形寸法:420W×173H×465Dmm ●質量:15.3kg

この製品のご購入は以下のサイトからどうぞ
AVAC
月刊AVレビュー

※原則として製品発表時のデータを掲載していますので、内容・価格は変更されている場合があります。また、この製品データベースには生産・販売を休止したモデルの情報も含まれています。

受賞理由
<銀賞受賞理由>
クラス初のロスレスオーディオ対応AVアンプである。ドルビーTrueHD、DTS-HDの対応デコーダーを積み、HDMIはバージョン1.3aを装備する期待の7.1ch機だ。パイオニアではAX1AVの後継であるAX1AHと下位の1017AVが対応で、これによってBDやHD DVDに収録された次世代音声を楽しむ環境が調った。注目はそれに伴う音と機能のアドバンテージだ。アドバンスドダイレクトエナジー他のノウハウに磨きをかけ、鮮烈で躍動感あふれる音場を再現する。機能面ではすべての入力ソースの1080p/HDMI出力ができる。前2本のスピーカーでサラウンド再生できるフロントサラウンドアドバンスにも注目したい。(林正儀)

<ホームシアター大賞受賞理由>
HDMI Ver.1.3aを搭載、ドルビーTrueHD、DTS-HD マスターオーディオからSACD、AACまでビットストリームで入力、デコードできる。音質面の改善にも取り組み、信号ロスの低減、コンパクトな回路設計による輻射の影響の低減、新開発の温度変化補償システムに取り組み(以上が「アドバンスドダイレクトエナジーエンジン」)、高周波ノイズの影響を排除するために、全てのGND基準を統一化しそこから信号を分け干渉を排除する「クリーングランド思想」で設計された。パイオニアのAVアンプの特徴である低域位相ずれを補正するフェイズコントロール、自動音場補正Advanced MCACCも搭載している。iPodやUSBオーディオ入力などPC系の入力にも対応。(大橋伸太郎)
関連記事
関連URL

For any comments and questions, please E-mail to Phile-web staff
(C)Ongen Publising Co.,ltd. Phile-web上のあらゆるコンテンツの無断複製・転載を禁じます。
著作権についてはこちら  Phile-webのプライバシーポリシーについてはこちら