特別賞

総合金賞

  • 4K有機ELテレビ/Ultra HDブルーレイ
    レコーダー/デジタルカメラ

    PANASONIC

    4K/HDRワールド

最優秀のプロダクト群で新世代の映像を堪能!

圧倒的に美しい映像再現を実現したプレミアムな4K有機EL・VIERA「FZ1000 series」を始め、全自動録画に加えスマホ連携を高めた「おうちクラウドディーガ」を採用したUltra HDブルーレイレコーダー「DMR-UBX7050」、世界初のCinema4K/60p動画記録も可能にしLUMIX史上最高画質を叶えたデジタルカメラ「DC-GH5S」は、最新世代の映像美である「4K」、そして「HDR」の魅力を最高レベルで堪能できる新モデル群です。最先端の映像を、ディスプレイで映す、レコーダーで再生する、カメラで撮る、その三拍子を成し得たラインアップ展開が評価され、最優秀プロダクトとしての称号である総合金賞に輝きました。

  • 受賞理由
  • テレビ、レコーダー、カメラ、それぞれで4K/HDR対応を実現し、各ジャンルでNo.1を獲得、高画質を追求した総合力の高いプロダクト群に対して。

DETAIL
「HDR」は、従来まで表現が難しかったライトや太陽光などの非常に明るい光、黒くつぶれがちであった暗部などを、質感豊かに、かつ忠実な色味で再現できるようになりました。
ココがスゴイ!
  • 長年培ってきた色彩表現が4K有機ELテレビに活きる

    プラズマ、液晶の時代からパナソニックは原画忠実、色彩表現を追求してきました。4K有機ELテレビ「FZ1000 series」にも、そのノウハウが生かされています。ノイズの少なさ、階調の自然さがより一層深化。さらに明部の階調表現が高まったことも特筆で、Ultra HDブルーレイやインターネット配信の充実で増加してきた、4K/HDRコンテンツの高画質を余すことなく堪能させてくれます。

    VGP審査委員長  大橋 伸太郎

  • 高次元の映像再現に対し妥協を許さない姿勢を貫く

    今季、映像の最先端である「4K」と「HDR」を、高次元の映像美で届けるべく、4K有機ELテレビからUltra HDブルーレイレコーダー、そしてデジタルカメラにおける幅広い製品に対応させた、その総合力の高さが審査員から高い評価を得ました。いつの時代も多岐に渡る製品に対し、妥協を許さない開発姿勢を貫いてきたパナソニックだからこそ、実現できた取り組みです。

    VGP審査員  折原 一也

  • AVアンプ

    DENON

    AVC-X8500H

最先端の立体サウンドを鮮やかに鳴らす最高峰!

最先端の立体音響技術である「ドルビーアトモス」や「DTS:X」、さらに「Auro-3D」までの再生を可能にするだけでなく、長年に渡りAVアンプ、そしてピュアオーディオのコンポーネントを開発し続けてきた中で培ってきたノウハウを集結させた13chパワーアンプによって未だかつてないサウンドを実現した超弩級のAVアンプです。エンジニアが吟味を重ね、厳選した高品位なオーディオグレードパーツを細部にまで採用しており、映画から音楽まで、制作者がコンテンツに込めたサウンドを、繊細かつ鮮やかに再現できる点は、審査員の満場一致の評価を受け、総合金賞を獲得するに至りました。

  • 受賞理由
  • 13ch モノリス・コンストラクション・パワーアンプを搭載、圧倒的なイマーシブサウンドを実現する、モンスター級AVアンプに対して。

DETAIL
最大260Wの大出力を備えながらも、チャンネル毎に個別の基盤にした「13chモノリス・コントラクション・パワーアンプ」によって、迫力満点ながらも純度の高いリアルなサウンドを実現しました。
ココがスゴイ!
  • 高級ホームシアターの可能性を広げてくれる!

    従来のモデルでは実現できなかった13chものパワーアンプを内蔵し、本モデルのみで、サラウンドと上方のスピーカーを組み合わせた最大9.1.4chのシステムを再現できる豪級モデルです。デノンのフラグシップモデルとしてふさわしい多機能性も魅力。プレミアムなホームシアターの可能性を大いに広げてくれるAVアンプとして最高クラスの評価を得ました。

    VGP審査副委員長  鴻池 賢三

  • サラウンドを極め抜いた格別のAVアンプ

    一体型のAVアンプとして、他のモデルは一線を画す、格別のAVアンプです。ドルビーアトモスやDTS:X、さらにAuro-3Dなど、最新のイマーシブサウンドへの対応を網羅し、13chモノリスコンストラクション・パワーアンプによって、音質を極め抜いた点は総合金賞にふさわしいです。イマーシブサウンドを生々しく描く臨場感を一度は体験してみてほしいです。

    VGP審査員  林 正儀

批評家大賞・文化功労賞

  • 4K有機ELテレビ

    SONY

    A8F series

圧倒的なコントラスト表現が際立つ

4K有機ELテレビの中でも、特に画質の素晴らしさが審査員一同から高く評価され、ソニーのブラビア「A8F series」が批評家大賞を受賞しました。独自の4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載することで、暗部の再現性が高い有機ELディスプレイの特性を最大限に活かし、黒の繊細な階調、格段に高いコントラスト表現を実現しています。画質だけでなく、音質面においても特筆するべき部分を持っており、画面全体を振動させることで音を出力する「アコースティックサーフェス」によって、従来のテレビでは成し得なかった映像と音のリアリティ、ワンランク上の映像体験が味わえるのも本機の魅力です。

  • 受賞理由
  • 新世代4K有機ELパネルと独自の4K高画質プロセッサー「X1 Extreme」を搭載、さらなる高画質を実現したテレビシリーズに対して。

ココがスゴイ!
  • 映像と音の一体感が絶品

    暗部階調表現などの映像技術に改良を加え、新技術「アコースティックサーフェス」を搭載することで、家庭用テレビによって永遠のテーマである「画と音」に対し、真正面から挑んだモデル。映像と音の一体感は一級品です。

    VGP審査員  海上 忍

  • AVプリアンプ

    MARANTZ

    AV8805

ピュアネスを追求した最上位モデル

ステレオ再生をメインとしたピュアオーディオ分野において、確固たる実績と製品開発力をもつマランツが、ハイエンドオーディオで培った高音質技術を多数搭載したことで、サラウンド再生においても最高水準のピュアなサウンドを獲得したAVプリアンプが「AV8805」です。大規模な設計の見直しを図り、高音質パーツを多数設けるだけでなく、マランツの代表的な高音質技術である高速アンプモジュール「HDAM-SA」を用い、13.2ch対応を実現しています。さらにチャンネルごとに独立した基板を用いるなど、フラグシップならではの徹底的な高音質への追求が、批評家大賞の受賞に繋がりました。

  • 受賞理由
  • マランツオリジナルの高速アンプモジュール「HDAM-SA」を搭載、高音質を極めた13.2chプロセッシング対応AVプリアンプに対して。

ココがスゴイ!
  • 空間表現が豊かな傑作

    13.2ch仕様かつ全チャンネル独立基板を採用。ハイエンドオーディオの思想を継承し、更新された高品位パーツは1600個以上。イマーシブサウンドの情報量豊かな空間表現、ダイナミックな移動感、静と動を描き分ける傑作です。

    VGP審査委員長  大橋 伸太郎

  • 4K有機ELテレビ

    LG ELECTRONICS

    有機ELテレビシリーズ

先鋭的な有機ELテレビの開発

有機ELテレビの開発をいち早く開始したLG ELECTRONICS。2013年から世界各国で大画面有機ELテレビを発売し、今では有機ELテレビの代表的なブランドとなりました。今季は、4K出力だけでなく、Dolby Visionを始めとする最新のHDR規格に全モデルが対応しています。また「C8PJA series」や「E8PJA series」などでは、進化した高画質エンジン「α9 Intelligent Processor」を搭載。立体サラウンドのDolby Atmosをテレビでも楽しめる音質、壁掛けや据え置きにおいてもライフスタイルに溶け込む高いデザイン性を取り込むなど、先鋭的な製品開発への取り組みが評価され、文化功労賞を受賞するに至りました。

  • 受賞理由
  • グローバルにおける大画面有機ELテレビの販売開始(2013)から5年。高画質・高音質、新スタイルを追求した有機ELテレビの開発に対して。

ココがスゴイ!
  • 有機ELテレビを広めた功績

    有機ELテレビをいち早く開発生産し、リーズナブルな大画面モデルを製品化したLG ELECTRONICS。有機ELならではの絶対的な高画質、薄さを活かした先進的なモデルを世界多くの人々に届けた取り組みを大いに評価しました。

    VGP審査副委員長  鴻池 賢三

  • アナログレコードプレーヤー

    TECHNICS

    SL-1000R
    SP-10R

超弩級のレコードプレーヤー

アナログレコードがピュアオーディオの分野で、世界的なブームを起こす中、テクニクスから新時代にふさわしいフラグシップのアナログレコードプレーヤー「SL-1000R」、「SP-10R」が誕生しました。ターンテーブルからトーンアームまで組み込まれたシステムであるSL-1000Rと、従来のSP-10MK2/MK3を持つユーザーに向け置き換えが可能なSP-10Rは、ダブルコイル型のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを搭載することで、正確無比でなめらかな回転を実現。最新の技術で磨き抜かれたターンテーブルにより、未だかつてないノイズレスに優れたアナログレコード再生を楽しめる傑作です。

  • 受賞理由
  • 新開発コアレス・ダイレクトドライブ・モーターや重量級プラッターにより、かつてない回転精度を実現した、超弩級ターンテーブルシステムに対して。

ココがスゴイ!
  • 新次元と呼べるレコード再生

    新世代ダイレクトドライブ・ターンテーブルの最高峰。かつての名機と互換性を持たせたこと、SL-1000Rの高剛性筐体による徹底した振動対策が生み出す、従来とは別次元の高S/Nで音離れ良いサウンド性が高い評価に繋がりました。

    VGP審査員  岩井 喬

映像音響部会 特別大賞

  • プロジェクター

    JVC

    LX-UH1

    • 受賞理由
    • 設置性に優れたコンパクトなボディで、4K/HDR対応、美しいシネマ画質を実現したDLPプロジェクターに対して。

  • AVアンプ

    PIONEER

    VSX-LX503

    • 受賞理由
    • 9chディスクリートハイパワーアンプを搭載、「ダイレクト エナジー デザイン」を採用した高性能ミドルクラスAVアンプに対して。

  • 4K有機ELテレビ

    LG ELECTRONICS

    OLED 77W8P
    /65W8P

    • 受賞理由
    • 有機EL専用に開発された映像プロセッサー「α9 Intelligent Processor」を搭載、高画質と美しいスタイリングを兼ね備えた、新世代4K有機ELテレビに対して。

  • サラウンドスピーカーパッケージ

    MONITOR AUDIO

    MASS 5.1

    • 受賞理由
    • C-CAMウーファー/トゥイーターを搭載、インテリアと調和する、美しいスタイリングを備えた5.1chスピーカーセットに対して。

  • HDMIケーブル

    KORDZ

    PRS3 Active
    Optical Cable

    • 受賞理由
    • 外部電源いらずで10〜30mの長尺で使える、4K UHD 18Gbps伝送に対応した、HDMIケーブルに対して。

ライフスタイル部会 特別賞

  • Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン

    SONY

    Xperia Ear Duo

    • 受賞理由
    • 自然な外音を聴きながらBGMを楽しむ、新しいライフスタイルを創出するスマートプロダクトに対して。

  • インナーイヤー型ヘッドホン

    AKG

    N5005

    • 受賞理由
    • さまざまなスタイルでスタジオクオリティの高音質を享受できる、4WAY5ドライバー搭載ハイブリッド型イヤホンに対して。

  • Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン

    GALAXY

    Gear IconX

    • 受賞理由
    • タッチ操作やスマホ連携、4GBメモリ搭載で本体だけで音楽再生ができる、総合力の高い完全ワイヤレスイヤホンに対して。

  • Bluetoothスピーカー

    OLASONIC

    IA-BT7

    • 受賞理由
    • ミキサーズ・ラボによる音質チューニングを施した、リアルウッドに包まれた高音質Bluetoothスピーカーに対して。

  • アクティブスピーカー(デスクトップ)

    VECLOS

    SSB-380S

    • 受賞理由
    • 真空二重構造「真空エンクロージャー」を搭載した、プレミアムかつコンパクトなデジタルオーディオシステムに対して。

  • タブレット

    HUAWEI

    MediaPad M5 Pro

    • 受賞理由
    • 独自のサラウンド技術”HISTEN”およびハイレゾ再生に対応した、AV機能に優れたタブレットに対して。

  • インナーイヤー型ヘッドホン

    AUDIO-TECHNICA

    ATH-CK350 series

    • 受賞理由
    • 入門クラスながら音質とスタイルにこだわった、イヤホンシリーズに対して。

  • Bluetooth完全ワイヤレスイヤホン

    NUFORCE

    BEFree5

    • 受賞理由
    • グラフェン振動板を採用した、コストパフォーマンスに優れた完全ワイヤレスイヤホンに対して

ピュアオーディオ部会 特別大賞

  • USB-DAC

    MYTEK

    Brooklyn DAC+

  • USB-DAC

    MYTEK

    Manhattan DAC II

  • スピーカーシステム

    AUDIENCE

    1+1スピーカーシステム

  • USB-DAC

    RME

    ADI-2 DAC

  • プリメインアンプ

    LUXMAN

    L-507uXII

映像音響部会 開発賞/技術賞/企画賞

  • VGP

    TOSHIBA

    X920、BM620X、M520X series

    受賞理由

    日本初 BS/CS 4Kチューナー内蔵テレビシリーズの開発に対して。

  • VGP

    PANASONIC

    DC-GH5S

    受賞理由

    「デュアルネイティブISOテクノロジー」搭載、有効画素数約10メガ高感度イメージセンサーに対して。

  • VGP

    OS

    WF204シリーズ

    受賞理由

    特殊2重織構造を持つ、ファブリックスクリーンに対して。

  • VGP

    SpectraCAL

    受賞理由

    キャリブレーションソフト「CalMAN」シリーズの開発に対して。

  • VGP

    ソニー・ミュージックエンタテイメント

    受賞理由

    アナログレコードの生産工程をグループ内で一貫して行なう取り組みに対して。

  • VGP

    ひかりTV

    受賞理由

    日本初、ドルビーアトモス リアルタイム配信に向けた実証実験に対して。

  • VGP

    Amazon

    受賞理由

    Amazonアレクサによるオーディオビジュアル製品の音声操作の取り組みに対して。

  • VGP

    Google

    受賞理由

    Googleアシスタントによるオーディオビジュアル製品の音声操作の取り組みに対して。

  • VGP

    HUAWEI

    MateBook X Pro

    受賞理由

    3K LTPS液晶やドルビーアトモスサウンドシステムを搭載、AV機能に優れたノートブックPCに対して。

  • VGP

    LG ELECTRONICS

    ProBeamシリーズ

    受賞理由

    大画面をより身近にするレーザー光源プロジェクターの商品企画に対して。

  • VGP

    OTOTOY

    受賞理由

    ストリーミング音楽配信「OTOTOY Collections」に対して。

ピュアオーディオ部会 開発賞/技術賞/企画賞

  • VGP

    ソニー

    受賞理由

    コンデンサーマイクロホン「C-100」の開発に対して。

  • VGP

    ソニーミュージックスタジオ

    受賞理由

    井筒香奈江「Laidback2018」 高音質ハイレゾ録音に対して。

  • VGP

    RME Premium Recordings

    受賞理由

    『わたしが一番きれいだったとき:When I was young and so beautiful』高音質ハイレゾ録音に対して。

  • VGP

    キングインターナショナル

    受賞理由

    ホフ・アンサンブル「Polarity(極性)」Blu-ray+SACDの商品化に対して。

  • VGP

    ユニバーサル ミュージックジャパン

    受賞理由

    ハイレゾCD名盤シリーズ(MQA-CD)の商品化に対して。

  • VGP

    DEEZER

    受賞理由

    高音質ストリーミングサービス「DEEZER HiFi」の日本市場導入に対して。

  • VGP

    iFi AUDIO

    受賞理由

    家庭用電源をクリーンアップするアクセサリー「iPurifier AC」の商品企画に対して。

  • VGP

    TEAC

    受賞理由

    カセットデッキ「W-1200」の商品化に対して

ライフスタイル部会 開発賞/技術賞/企画賞

  • VGP

    LENOVO

    Lenovo Mirage Solo with Daydream

    受賞理由

    スマートフォン、外部センサー、PCとの接続を必要としないスタンドアロン型のVRヘッドセットの開発に対して。

  • VGP

    ONKYO

    GRANBEAT TABLET

    受賞理由

    4K解像度のディスプレイ、ハイレゾ再生を実現したクオリティ重視のタブレット端末の開発に対して。

  • VGP

    ACTIVO

    CT10

    受賞理由

    Astell&Kernの技術を凝縮した一体型モジュール「TERATON」を主要回路として組み込んだハイレゾプレーヤーの開発に対して。

  • VGP

    FIIO

    Q5

    受賞理由

    アンプ・モジュール方式を採用、2.5mm/4.4mmバランス出力端子に対応するポータブルヘッドホンアンプの開発に対して。

  • VGP

    SENNHEISER

    AMBEO SMART HEADSET

    受賞理由

    バイノーラル録音も可能とする、革新的なLightningイヤホンの開発に対して。

  • VGP

    AUDIO-TECHNICA

    ATH-DSR5BT

    受賞理由

    新開発D/Dオーディオ・コンバーター「AT1962」を採用した「ピュア・デジタル・ドライブ」搭載イヤホンに対して。

  • VGP

    SONY

    HT-Z9F

    受賞理由

    ドルビーアトモスやDTS:Xを手軽に実現する「Vertical Surround Engine」搭載サウンドバーの開発に対して。

  • VGP

    ELECOM

    LBT-HPC1000RC

    受賞理由

    aptX HD/LDACに対応、ハイレゾ相当のワイヤレス接続ができる、MMCXコネクタ搭載Bluetoothケーブルの商品企画に対して。

  • VGP

    FINAL

    Makeプロジェクト

    受賞理由

    自分の好みの音を組み立てられる、新発想イヤホンの商品企画に対して。

  • VGP

    NUHEARA

    IQbuds

    受賞理由

    補聴器のように周囲の音を聴き取りやすくする完全ワイヤレスイヤホンの商品企画に対して。

  • VGP

    SHURE

    SEシリーズNEWパッケージ

    受賞理由

    オプションケーブルをセットにした、新パッケージの商品化に対して。

  • VGP

    SHANLING

    M0

    受賞理由

    タッチパネル搭載、世界最小クラスのハイレゾプレーヤーの商品企画に対して。

  • VGP

    SONY

    MDR-1AM2

    受賞理由

    4.4mmバランスケーブルを同梱、ハイレゾ時代の新たなスタンダードとなるプレミアムヘッドホンの商品企画に対して。