VGPとは

プロが選ぶ! 国内最大級のオーディオビジュアルアワード

「VGP」は、1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。専門誌など多数のメディアで活躍する評論家10名からなるVGP審査員、毎日製品の品定めをしている全国の有力販売店が参加。4K有機EL/液晶テレビやブルーレイレコーダーなどの「映像音響製品」、スピーカーシステムやオーディオプレーヤーなどの「ピュアオーディオ製品」、イヤホン/ヘッドホンやワイヤレススピーカー、スマホやPCといった「ライフスタイル製品」まで、製品ジャンルは多岐に渡り横断的に審査され、プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

部会・分科会 ~3つのカテゴリーから審査!~

  • VGP映像音響部会

    映像の表示、再生、記録を行うビジュアル機器全般からサラウンド関連機器全般、そしてそれらにまつわる周辺アクセサリーの選考を行う審査会です。製品のクオリティを絶対的な選考基準とします。

    審査するカテゴリー

    • ディスプレイ
    • プロジェクター/スクリーン
    • プレーヤー/レコーダー
    • デジタルカメラ/デジタルビデオカメラ
    • AVアンプ/サラウンド関連製品
    • スピーカーシステム・映像音響
    • ケーブル
    • 電源関連製品
    • メディア
    • アプリ/ソフトウェア
  • VGPピュアオーディオ部会

    ステレオ再生を主目的としたオーディオ製品と、それにまつわる周辺アクセサリーの選考を行う審査会。製品のクオリティを絶対的な選考基準とし、価格帯の上限を設定したうえで選考を行います。

    審査するカテゴリー

    • スピーカーシステム・ピュア
    • アクティブスピーカー
    • オーディオアンプ
    • オーディオプレーヤー
    • D/Aコンバーター
    • アナログレコードプレーヤー
    • フォノイコライザー
    • カートリッジ
    • その他アクセサリー
  • VGPライフスタイル分科会

    リビングやデスクトップにマッチするホームオーディオ製品、イヤホン/ヘッドホン、Bluetoothスピーカーなどのポータブルオーディオ製品、スマホやPCなどのモバイル製品など全般の選考を行う審査会。ライフスタイルを変えるパワーを選考基準とし、デザインや機能性、使い勝手まで選考基準に含めます。

    審査するカテゴリー

    • サウンドバー/ホームシアターシステム
    • ワイヤレススピーカー
    • ハイコンポ
    • デスクトップオーディオ
    • イヤホン/ヘッドホン
    • ヘッドホンアンプ
    • ヘッドホンシステム
    • ヘッドホン関連アクセサリー
    • ポータブルミュージックプレーヤー
    • ゲーミングデバイス
    • ビジュアル関連商品
    • PC/スマホ/タブレット関連商品
    • スマートホーム関連商品
    • アプリ・ソフトウェア

審査員 ~プロがクオリティをチェック!~

  • VGP審査委員長
    大橋伸太郎

    元「AV REVIEW」編集長。映画、音楽、文学等、コンテンツについての広範な知識をベースとする批評に注目。

    VGP VGP

  • VGP審査副委員長
    /ライフスタイル分科会
    座長
    鴻池 賢三

    ISF/THX認定ホームシアターデザイナー、日本オーディオ協会諮問委員も務める。

    VGP VGP VGP

  • VGP審査員
    /ライフスタイル分科会
    副座長
    岩井 喬

    スタジオ勤務を経て執筆活動へ。アニメ、ロックを中心にした批評で新機軸を生む。

    VGP VGP VGP

  • VGP審査員
    /ライフスタイル分科会
    副座長
    折原 一也

    実用性追求の実践派。デジタル機器全般、Bluetoothスピーカーやハイコンポも強い。

    VGP VGP

  • VGP審査員
    海上 忍

    デジタル家電、コンピューターテクノロジー全般での豊富な執筆経験を活かす。

    VGP VGP

  • VGP審査員
    林 正儀

    AVメーカー勤務、技術系高校教師などの経歴を持ち、難題をやさしく解説。AVアクセサリー全般に精通する。

    VGP VGP

  • VGP審査員
    生形 三郎

    東京芸術大学大学院修了、東京電機大学理工学部講師。書籍や雑誌の執筆から作曲まで幅広く活動。

    VGP

  • VGP審査員
    高橋 敦

    ヘッドホンやPCオーディオ関連に精通し、様々な音楽の演奏や録音技術までチェックする。

    VGP

  • VGP審査員
    野村 ケンジ

    6畳100インチシアターを実践、カスタムIEMを多数所有。その確かな批評で人気を集める。

    VGP

  • VGP審査員
    山本 敦

    デジタルガジェット全般、IoT、AIスマートデバイスまで幅広くカバーするジャーナリスト。

    VGP

協力店 ~販売のプロがチェック!~

アバック、エディオン、木田電業、クリアーサウンドイマイ、ケーズデンキ、コール徳島店、サウンドクリエイト、サウンドテック、シマムセン、ジョーシン、第一無線、椿テレビ商会、トムテック、ノジマオーディオスクエア、のだや、ビックカメラ、フジヤエービック、ホームシアター工房、ヨドバシカメラ、AC2 audio&cinema、Audio & Hometheater Labo、AURAS、Beat Stage、CAVIN大阪屋、Lavi Style、OTAI AUDIO

※50音順

選考過程 ~優秀モデルはこうして選ばれる!~

  • 01メーカーによるエントリー

    リビングの顔となるテレビから、ヘッドホン/イヤホン、本格的なオーディオシステムまで幅広い製品が審査れます。今回はおよそ250ブランドから、およそ2000モデルを超えるエントリーがありました。

  • 02審査員と販売店による投票

    エントリーされたすべての製品に対し、全10名の審査員と家電量販店、全国の有力専門店が投票。投票はクオリティや機能性はもちろん、市場性も加味して行われます。

  • 03審査員による審議

    映像音響部会、ピュアオーディオ部会、ライフスタイル分科会それぞれで、合計3回の審査会が行われます。投票結果をもとに、全ジャンルの精査、承認を経て、受賞モデルが決定されます。
    ※VGP2020 SUMMERの審査会は、テレビ会議システムにて実施いたしました。

  • 04VGP全受賞モデルが決定

    各カテゴリーの<部門賞>の金賞・受賞モデルを審査会により選出します。その後、総合金賞や批評家大賞、技術賞などの<特別賞>を審査員の合議により選びます。

    <部門賞>

    <特別賞>

  • 05受賞結果は誌面でも!

    受賞結果はwebを始め、フリーマガジン「VGP受賞製品お買い物ガイド VGP2020 SUMMER」、ホームシアターの総合誌「ホームシアターファイルPLUS」にて発表されます。

    VGP受賞製品お買い物ガイド
    2020年7月中旬発行予定