特別賞

総合金賞

  • PANASONIC

    DMR-4X1000/
    DMR-4X600

  • DMR-4X1000/DMR-4X600

    DMR-4X1000
    DMR-4X600

  • 受賞理由
  • 新4K衛星放送をまるごとチャンネル録画できるブルーレイレコーダーに対して。

ココがポイント!
  • 4K放送も自動録画、先進的なレコーダー

    録画予約しないスタイルが快適と好評の“全自動ディーガ”が、4K対応を果たしました。4Kチューナーを2基搭載したことで、2番組同時録画、さらに新4K衛星放送も含んだ自動録画が可能です。画質面でも、独自のエンコーダー技術を搭載したことで、4K放送の長時間録画も驚くほど高精細。データ量の多い4K放送番組もたっぷり保存できるのも魅力です。2020年の“顔”と言えるレコーダーであり、先進性とクオリティが評価され、総合金賞に輝きました。

    VGP審査副委員長 鴻池賢三

  • 鴻池賢三
  • TOSHIBA

    X9400 series/
    X8400 series

  • X9400 series
  • 受賞理由
  • クラウドAI高画質技術「レグザエンジンCloud」を搭載した有機ELテレビシリーズに対して。

ココがポイント!
  • 画質も機能性も完成度が際立つ

    有機ELレグザとして4世代目のX9400/X8400シリーズは、パネルの使いこなしを含め、4Kダブルチューナー内蔵の有機ELテレビとして完成度の高さが際立っています。4K放送はもちろん、普段見ることが多い地デジ品質の高さも大きなアドバンテージであり、クラウドと連携し、番組レベルで画質を最適化する『クラウドAI高画質テクノロジー』など、他を圧倒する高画質/機能性の両立が高く評価されました。有機ELの中でも透明度の高い優れたバランスの画作りが特長です。

    VGP審査員 岩井 喬

  • 岩井 喬

批評家大賞

  • SONY

    KJ-85Z9H

  • KJ-85Z9H
  • 受賞理由
  • 高画質・高音質を極めた、プレミアム8K液晶テレビに対して。

ココがポイント!
  • 映像視聴を越えた圧倒的なリアリティ

    8Kのレファレンスモデルをめざして完成したソニー初の8K大画面テレビです。8K専用データベースを搭載した映像エンジン「X1 Ultimate」、LED制御を高めた「バックライト マスタードライブ」、独自の音響技術「Acoustic Multi-Audio」など、画音共にクオリティを追求した近年のブラビアの集大成、さらには一歩踏み込んだモデルとして高く評価されました。圧倒的なリアリティは、映像を観ていることを忘れさせます。

    VGP審査委員長 大橋伸太郎

  • 大橋伸太郎

特別大賞

  • SHARP

    CX1シリーズ

    CX1シリーズ

    • 受賞理由
    • 新開発「8K Pure Colorパネル」と高画質映像エンジン「Medalist Z1」を搭載した、プレミアム8Kテレビに対して。

  • HISENSE

    U8Fシリーズ

    • 受賞理由
    • 東芝との共同開発による「NEOエンジンplus 2020」と高速駆動パネルを搭載、コスパに優れた4K液晶テレビに対して。

  • NTTぷらら

    ノジマTリーグ データ解析/AIダイジェスト

    • 受賞理由
    • スポーツデータ解析、AI技術によるダイジェスト映像自動生成などの新たな取り組みに対して。

  • TOSHIBA

    クラウドAI高画質

    • 受賞理由
    • 有機ELテレビおよび液晶テレビシリーズに搭載された、AIを活用した高画質技術に対して。

ライフスタイル分科会 特別賞

  • TECHNICS

    EAH-AZ70W

    EAH-AZ70W

    • 受賞理由
    • 業界最高クラスのノイズキャンセリング技術、高音質と接続安定性を実現した完全ワイヤレスイヤホンに対して。

  • PANASONIC

    RZ-S50W

    RZ-S50W

    • 受賞理由
    • 業界最高クラスのノイズキャンセリング技術、高音質と接続安定性を実現した完全ワイヤレスイヤホンに対して。

  • SHURE

    AONIC series

    AONICシリーズ

    • 受賞理由
    • プロフェッショナル品質を提供する、高遮音性イヤホンシリーズに対して。

  • HEDD AUDIO

    HEDDphone

    • 受賞理由
    • フルレンジAMT(エアモーショントランスフォーマー)を搭載した革新的なヘッドホンに対して。

  • DENON

    DENON HOME 250 /
    DENON HOME 150

    DENON HOME 250 / DENON HOME 150

    • 受賞理由
    • HEOSテクノロジーを搭載した、コンパクトかつ高品位なネットワークスピーカーに対して。

  • SONY

    SA-Z1

    SA-Z1

    • 受賞理由
    • 小さなスペースで究極のリスニング体験をもたらす、ニアフィールド・パワード・スピーカーに対して。

  • SONY

    Xperia 1 Ⅱ

    Xperia 1 Ⅱ

    • 受賞理由
    • トリプルレンズカメラ+3D iToFセンサーによる卓越した撮影機能、高音質技術によって豊かなオーディオビジュアル体験を実現するスマートフォンに対して。

  • ANKER

    Anker Nebula Capsule Ⅱ

    ANKER Nebula Capsule Ⅱ

    • 受賞理由
    • 大画面を身近なものにする、Android TVを搭載したバッテリー内蔵ポータブルプロジェクターに対して。

  • LG ELECTRONICS

    HU70LS

    Cinebeam HU70LS

    • 受賞理由
    • 手軽に高品位なシネマ体験を提供してくれる、webOSを搭載したネットワーク対応4K/HDRプロジェクターに対して。

  • POPIN

    popIn Aladdin 2

    popIn Aladdin 2

    • 受賞理由
    • 新たに短焦点レンズを採用することで、さらに幅広い設置環境に対応した、シーリングライト一体型プロジェクターに対して。

  • AVIOT

    TE-D01gv

    TE-D01gv

    • 受賞理由
    • ベストインクラスの高音質設計やaptX Adaptive対応などの多機能を実現した完全ワイヤレスイヤホンに対して。

ピュアオーディオ部会 特別大賞

  • AMPHION

    Argon series

    Argonシリーズ

    • 受賞理由
    • 位相特性の乱れに配慮して、トゥイーターとウーファーのボイスコイル配置を一致させたスピーカーシリーズに対して。

  • CAMBRIDGE AUDIO

    CXA81/CXA61

    CXA81/CXA61

    • 受賞理由
    • ベストインクラスの性能を提供する、イギリス生まれの高音質プリメインアンプに対して。

  • TOA

    ME-50pro ver.20

    ME50Pro Ver.20

    • 受賞理由
    • 巨大クロスオーバーネットワークを持つ、社内音響学習用のプロジェクトが発端のレファレンススピーカーに対して。

  • LUXMAN

    D-10X

    D-10X

    • 受賞理由
    • ローム社製DAC「MUS-IC™」を世界で初めて搭載、独自の音響技術と掛け合わせたフラグシッププレーヤーに対して。

  • LINN

    Series3

    Series3

    • 受賞理由
    • 最先端のネットワークオーディオに対応しつつ、テレビまわりにも使えるオールインワンのワイヤレススピーカーに対して。

映像音響部会 開発賞/企画賞

  • 企画賞

    TOSHIBA

    ネット動画ビューティPRO

    受賞理由

    ノイズを抑えて精細感を高める、ネット動画に特化した映像処理技術に対して。

  • 企画賞

    HISENSE

    S6E series

    受賞理由

    東芝と共同開発した「NEOエンジン」を搭載、コスパに優れた大画面テレビの商品企画に対して。

  • 企画賞

    PANASONIC

    お部屋ジャンプリンク4K対応

    受賞理由

    4K放送の録画コンテンツを家じゅうでシェアできるネットワーク機能に対して。

  • 企画賞

    SONY

    X8000H series

    受賞理由

    4Kテレビの基準を高めるコスパに優れた入門シリーズの商品企画に対して。

  • 企画賞

    NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン

    ファースト・マン(UHD BD)

    受賞理由

    月面シーンをIMAXフィルムカメラで撮影した高画質パッケージソフトに対して。

  • 企画賞

    LG ELECTRONICS

    OLED 88ZXPJA/77ZXPJA

    受賞理由

    8Kチューナー搭載の有機ELテレビに対して。

  • 企画賞

    KIKUCHI

    SPA-UT

    受賞理由

    超短焦点プロジェクター専用の耐外光パネルタイプスクリーンに対して。

  • 開発賞

    NTT

    JUPITER

    受賞理由

    毎秒400Gbpsの光波長多重伝送方式を実現する大容量光海底ケーブルの開発に対して。

  • 開発賞

    SHARP

    Medalist S1

    受賞理由

    8K技術を応用した4K画質処理エンジンの開発に対して。

  • 開発賞

    ELITE SCREEN

    セイカータブテンション CLR 2 SKT103-CLR2

    受賞理由

    傷つかない/水性ペンで書ける付加価値のあるスクリーンの開発に対して。

  • 開発賞

    SONY

    KJ-85Z9H

    受賞理由

    大画面8Kテレビのために新たなスピーカーレイアウトで設計された「アコースティック マルチオーディオ」に対して。

ピュアオーディオ部会 開発賞/企画賞

  • 企画賞

    CHORD COMPANY

    GroundARAY

    受賞理由

    機器の空き端子に接続して高周波ノイズを取り除く、通称「ノイズポンププラグ」の商品企画に対して。

  • 企画賞

    TRIODE

    TRV-CD6SE

    受賞理由

    真空管バッファ回路を搭載したMQA-CD対応プレーヤーの商品企画に対して。

  • 企画賞

    DALI

    MENUET SE

    受賞理由

    「MENUET」シリーズ生誕25周年を記念したスピーカーの商品企画に対して。

  • 企画賞

    ELAC

    DBR62

    受賞理由

    「Debut」シリーズのスペシャルバージョンの商品企画に対して。

  • 企画賞

    YAMAHA

    A-S3200/2200/1200

    受賞理由

    HIFI入門に最適なレギュラーラインの商品企画に対して。

  • 企画賞

    CAROT ONE

    ERNESTOLO 50k LIMITED

    受賞理由

    ビンテージ真空管とレトロなデザインをまとった限定生産プリメインアンプの商品企画に対して。

  • 企画賞

    AMBIVALENCE

    松尾明『and alone』

    受賞理由

    ヴィンテージ機材と高級ケーブルでアナログマルチ録音された高音質作品に対して。

  • 開発賞

    AIR PULSE

    A80

    受賞理由

    フィル・ジョーンズ設計のコンパクトアクティブスピーカーの開発に対して。

  • 開発賞

    ROGERS

    WE416 Limited

    受賞理由

    ウェスタンエレクトリック「WE416」を使いこなしたコスパの高いプリメインアンプの開発に対して。

  • 開発賞

    FOSTEX

    T500A MkⅢ

    受賞理由

    最高級グレードのホーンスーパートゥイーターの開発に対して。

  • 開発賞

    VIENNA ACOUSTICS

    New Beethoven series

    受賞理由

    ベートーベン生誕250年にモデルチェンジされた新しいスピーカーシリーズの開発に対して。

  • 開発賞

    ELAC

    CONCENTRO S 507

    受賞理由

    新設計「stepX-JET」ドライバーを搭載したフロア型スピーカーの開発に対して。

ライフスタイル分科会 技術賞/開発賞/企画賞

  • 技術賞

    HUAWEI

    HUAWEI FreeBuds 3

    受賞理由

    装着性に優れたオープンフィットデザインとノイズキャンセリングを両立させた技術に対して。

  • 開発賞

    AUDIO-TECHNICA

    ATH-ANC300TW

    受賞理由

    QUIETPOINT ハイブリッドデジタルノイズキャンセリングを搭載した完全ワイヤレスイヤホンの開発に対して。

  • 開発賞

    IBASSO AUDIO

    DX220 MAX

    受賞理由

    電源まわりへの徹底的なこだわりを盛り込んだ、音質重視のポータブルオーディオプレーヤーの開発に対して。

  • 開発賞

    Zoom

    Zoom

    受賞理由

    テレワーク推進に貢献する、使い勝手に優れたビデオ会議アプリに対して。

  • 開発賞

    SHARP

    AQUOS R5G

    受賞理由

    8Kカメラとしてもシャープ8Kエコシステムの一翼を担う、5Gスマートフォンの開発に対して。

  • 開発賞

    SHURE

    AONIC 4

    受賞理由

    シュア初となるハイブリッド型イヤホンの商品企画に対して。

  • 企画賞

    BUFFALO

    ラクみる

    受賞理由

    Android TVとの組み合わせに便利なDVDプレーヤーの商品企画に対して。

  • 企画賞

    defunc

    MGE

    受賞理由

    自由に位置を調整できるFlexMicを搭載した、スマホゲームに最適化されたイヤホンに対して。

  • 企画賞

    Google

    Google Nest Hub Max

    受賞理由

    ジェスチャー操作、超音波センサー、音声対応など、日常動作とシンクロするAI搭載スピーカーに対して。

  • 企画賞

    HUAWEI

    HUAWEI P40 Pro

    受賞理由

    新世代のネットワーク規格「WiFi 6+」に対応したスマートフォンの商品企画に対して。

  • 企画賞

    イケア

    SYMFONISK

    受賞理由

    SONOSとの協業によって丁寧に作られた“スマートホーム・スピーカー”の商品企画に対して。

  • 企画賞

    KORG

    Nu:Tekt HA-S

    受賞理由

    Nutubeを使った手軽なヘッドホンアンプキットの商品企画に対して。

  • 企画賞

    SHARP

    AN-SS2

    受賞理由

    人の声が聞き取りやすく、ビデオ会議にも最適なウェアラブルネックスピーカーの商品企画に対して。

  • 企画賞

    SONOS

    Sonos Port

    受賞理由

    手持ちのオーディオ機器をストリーミング対応にするコンポーネントの商品企画に対して。

  • 企画賞

    SONY

    Sony | Headphones Connect Ver.7.0

    受賞理由

    場所を学習して、アダプティブサウンドコントロールの切り替えを自動でおこなう本体ソフトウェアアップデートに対して。

  • 企画賞

    SONY

    ストリーミングWALKMAN

    受賞理由

    ハイレゾストリーミングサービスに対応する、本体ソフトウェアアップデートに対して。

  • 企画賞

    SONY

    HT-G700

    受賞理由

    立体音響を手軽に実現する、映像と音の一体感を演出する新世代サウンドバーに対して。

  • 企画賞

    Spotify

    Group Session

    受賞理由

    複数のユーザーで同一のプレイリストを共有する新機能に対して。

  • 企画賞

    ZEENY

    ZEENY Lights

    受賞理由

    ワイヤレス充電や音声通知に対応したヒアラブルデバイスの商品企画に対して。

  • 企画賞

    ソニー/ソニーモバイル

    DSEE Ultimate

    受賞理由

    スマートフォン向けに最適化された、圧縮により失われた音をAI技術によって高精度に再現する高音質技術に対して。

  • 企画賞

    ソニー・ミュージックエンタテインメント

    mora qualitas

    受賞理由

    音質最優先で設計された、日本発のハイレゾストリーミングサービスに対して。

  • 企画賞

    楽天モバイル

    Rakuten UN-LIMIT 2.0

    受賞理由

    プラン料金1年間無料で通信し放題を提供する楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT 2.0」に対して。